自動車ラジエーターの冷却

自動車ラジエーターの冷却

自動車に装着されるラジエーターは、一般的に自動車の最前部に取り付けられるという場合が多いとされております。
燃焼によって熱くなってしまったエンジンの熱を、エンジン内に入った冷えている冷却水が熱を奪うので水温が上昇していきます。
取り付けられたラジエーターは走行をしているだけでも風がラジエーターにあたるようになっており冷やされますので、この水温の上がった冷却水を冷やすのです。
エンジンの熱を奪った高温になっている冷却水は、ラジエーターのホースを通ってエンジンの中にあるウォータージャケットへと循環されることになります。
冷却水が沸騰してしまい破裂する恐れを防ぐために、水が100度では沸騰してしまわないように加圧をしている役割をしているのが、ラジエターキャップと呼ばれている部品です。
密閉された空間にすることによって、エンジンの熱で冷却水が膨張しようとしても、液の圧力が高まり沸点が高くなり100度でも沸騰してしまわないのです。
そのため冷却水が沸騰により気化してしまいオーバーヒートすることを防いでくれるのです。
さびに強く安定した材質を使用し、へたりが少ないことから圧力パルプの作動を長時間安定させることができると言われております。
個々の部品にはコンピューターによる構造解析をすることによって、強度や耐久性に優れており最適な設計がなされております。

Copyright(C) ラジエーターとはどういうものか All Rights Reserved.