ラジエーターのフィンとチューブについて

ラジエーターのフィンとチューブについて

昔はドーナツのような形状をしたタンクの輪の内側に、金属で出来ている薄い板を蜂の巣状に張ったものが普及しておりましたが、次第に水管式へと進化していったとされております。
これは、チューブごとにフィンが独立しておりましたが、フィンの表面積を稼ぐために隣り合っているチューブの療法に接するように波形、ひだ模様のようにジグザグとしたコルゲート式へと変化していきました。
最近では、すべてのチューブをストレートフィンでつないだプレート式などが出てきているようです。
ラジエーターのフィンは、チューブからの寝熱の伝達を受けて、熱を放つ目的がある他にもチューブの強度を補うような働きもあるとされております。
日本国内ではプレートフィンか、コルゲートフィンの生産が主流となっており、フィンに使用される材質はプレートの場合には銅条、黄銅条、半田メッキ銅板などが用いられており、コルゲートの場合は銅条を使用されることが多いと言われております。
チューブは、エンジン冷却液の通路的役割と、フィンに熱を伝達したり熱の放散をする働きや、ラジエーターの強度を構成しております。
チューブの形状は主に扁平型が多く使用されており、最近では軽量化のために材質が黄銅条などからアルミ材へ移行されるようになってきているようです。

    Copyright(C) ラジエーターとはどういうものか All Rights Reserved.