暖房装置としてのラジエーター

暖房装置としてのラジエーター

自動車以外でもラジエーターは使用されており、建物などでは暖房装置としてボイラーなどの熱源から供給される上記や温水などによって室内を温めることができます。
波形のコルゲートタイプとフィンタイプとが主流となっており、離れている場所で加熱された媒体を放熱するという保温や暖房用の暖房装置の一種なのです。
欧米などの家庭やホテルなどではすでに浸透している暖房装置ですが、日本ではあまり知名度は高くありませんでしたが、煙を出すこともなく、エアコンのように乾燥をまねく心配がないというメリットがある暖房機器です。
最近では密閉容器内の難熱性オイルを電熱器によって温め、ラジエーターフィンである放熱板から放熱して、対流などにより部屋を温めてくれるオイルヒーターとして人気が出てきております。
部屋が温まるまでに少し時間はかかりますが、燃焼するわけではありませんので、一酸化炭素や二酸化炭素が発生することがなく、ラジエーターフィンも高温にならないので安全性も高いとされております。
エアコンのように風が出てくるというわけではないため、家の中のホコリが舞う心配や花粉症の方などでも安心して使用することができ、日本の家の気密性と断熱性の向上されてからは欧米のように多く利用されるようになってきたようです。

    Copyright(C) ラジエーターとはどういうものか All Rights Reserved.