オーバーヒートの原因について

オーバーヒートの原因について

オーバーヒートをしてしまわないように、冷却装置が取り付けられているのですが、それでもオーバーヒートを起こしてしまうことがあります。
どのような原因によって起こってしまう場合があるのかについて、少しご紹介していきたいと思います。
ラジエーターファン、クーリングファンは冷却するための重要な働きをしておりますが、このファンが故障してしまっている場合に、渋滞などに巻き込まれてしまうとラジエーターに風があたらずにオーバーヒートをまねいてしまう可能性があります。
また、走行中に小石などがあたってしまい空気の通りが悪くなってしまうことが原因となる場合があると言われております。
ラジエーターが老朽化してしまいボロボロの状態のまま使用しているとトラブルが起こってしまいますので、交換が必要ないかどうかをチェックすることが必要になってきます。
冷却水が通っているホーズなどが老朽化してしまいひび割れていると、そこから冷却水が漏れてしまいエンジン内部の気密不良を起こしてしまうことが要因となる場合もあるようです。
冷却水路に空気がたまってしまい循環が悪くなってしまい、スムーズに熱交換がおこなわれなくなってしまう原因としては、車検整備の時などに交換した際に、エア抜きの作業が完了していないという人的ミスが考えられます。

    Copyright(C) ラジエーターとはどういうものか All Rights Reserved.