ラジエーターファンについて

ラジエーターファンについて

ラジエーターファン、またはクーリングファン(cooling fan)と呼ばれている部分は、自動車が走行していなくても風があたるようい働いております。
車のエンジンは、一年中外気による温度変化の影響などを受けておりますので、エンジンの温度を一定に保つために不可欠なのです。
季節による外気の温度変化だけではなくて、高速道路を走行している時、渋滞中や信号待ちのアイドリング時や低速走行時、車内のエアコンを使用している場合などには、ラジエーターやエアコンのコンデンサーへの通風量を確保するということが必要になってきますので、放熱器の下部分にファンを取り付けて放熱器に空気を吸引しながら導いていくのです。
冷却装置の冷却水は、不凍液といって寒い冬場でも凍ってしまわないような特殊な液体が用いられております。
日本国内でも沖縄や東京東北地方など、地域によって外気温度は異なりますので車が使われる地域によって、冷却水に使用する濃度は変化してくると言われております。
そのため、比較的温かい地方にお住まいの方が、スキーなどするために寒い地域へ行かれる場合には、その地域の外気温度に合った冷却水濃度を準備していかなければ、冷却水が凍ってしまうなどのトラブルに合ってしまう可能性があると言われております。

    人気ランキング

  • 水分混入による乳化を防止し優れた防錆性で錆の発生を抑制する潤滑システムなら、優れた耐水性と油膜保持性を得られるので効果的な運用が出来ます。

Copyright(C) ラジエーターとはどういうものか All Rights Reserved.