ラジエーターの温度調節について

ラジエーターの温度調節について

ラジエーター(radiator)とは、液体や気体などの熱を放熱してくれる装置のことで、冷却水や潤滑油を冷却するように使用されたり、冷やすこと以外でも熱源として暖房機器などに使用されることがあります。
自動車などのエンジンを冷やすためにラジエーターが用いられることはとても有名ですが、しっかりと温度調節をしてくれるのです。
温度調節をすることをサーモスタット(Thermostat)と呼んでおりますが、これは系の内部に流入したり、外部に放散される熱のエネルギーの流れを制御して、適切な温度を維持できるように必要に応じて加熱をしたり、冷却装置を作動したり停止したりなどの切り替えをおこなっております。
さまざまな方法を用いて構築することが可能性であると言われており、温度を測定する検知器にはバイメタルや形状記憶合金による機械式のタイプや、サーミスタによる電気式の検知、熱電による電気式の検知などによって、直接的な機械動作か電気信号、空気式信号などの手段を介して加熱をしたり、冷却装置が制御されたりするとされております。
1936年には、ワックス粒の膨張を用いたサーモスタットが発明されており、冷却エンジンの自動車の部品としての内燃期間(Wax thermostatic element)として広く浸透されるようになったようです。

    Copyright(C) ラジエーターとはどういうものか All Rights Reserved.